トリキュラーとジェネリック薬の違い

 

ジェネリック薬は、これまで有効性、安全性が実証されてきた先発医薬品と同じ成分を使った薬のことです。開発費用がかからないので、低価格で販売されるのが特徴で、安くても同じ効果を得ることができます。トリキュラーのジェネリック薬はラベルフィーユで、トリキュラーと同様3相性ピルです。女性ホルモンの変化が自然に近くなるよう3段階に変化しており、不正出血が少ないピルです。
飲み方や注意は、トリキュラーと同様です。シートに飲む順番が記載されていますので、間違いのないよう順番に飲んでください。21錠タイプは21日間服用して7日間休み、次のシートに移ります。28錠タイプは、薬の成分が含まれないプラセボ錠が7錠入っていますので、1シート全て飲み終えたら、休まずに次のシートに移ります。1日1錠、同じ時間に服用し、飲み忘れのないよう注意します。
初めて服用する場合には、生理の1日目から飲み始めます。1日目から遅れた場合には、最初の1週間は別の避妊方法と併用するようにします。飲み忘れた場合には、1日分なら気づいた時点で飲み、その日の分も飲みます。2日以上忘れた場合には、服用をやめて生理を待ち、生理の1日目から次のシートを飲み始めます。