トリキュラーのシートに入っている偽薬の必要性

トリキュラーには7錠分の偽薬が入っています。中身には他の21日分の錠剤のように合成した女性ホルモンは入っていません。そのため、飲んでも飲まなくても身体には影響を与えることはないため、服用しなくても構わないものです。身体に影響のない薬がわざわざ入っている理由は「飲み忘れを防ぐため」です。トリキュラーは毎日忘れずに飲むことにより避妊効果を発揮します。それによって28日周期の生理の状態と似ていながら、排卵を防ぐようなホルモンバランスが計算されています。そのため、飲み忘れがあると体内のホルモンの量が変わってしまい、本来のバランスに戻ろうしてしまいます。21日分の薬を服用し、7日間の休薬期間をちゃんと取ることができれば偽薬を飲む必要はありません。トリキュラーには21日分のものと28日分のものがありますが、21日分のものには偽薬が入っていません。そのため「自分で管理して21日間の服用と7日間の休薬期間を取れる」という人向けです。しかし、飲み忘れてしまうことにより妊娠してしまう可能性を減らしたければ、ちゃんとトリキュラーを服用する習慣づけをするという意味でも28日分しっかりと服用するようにしましょう。