ピルの種類について

 

ピルにはホルモンの量によっていくつかの種類に分類されています。まず低、中、高用量という3つの種類がありますが、現在においては副作用が少ない低用量ピルが使用されることが大半です。
ピルは卵胞ホルモン含有量によって分類されているのですが、中、高容量ピルというのは月経困難症のようなホルモン治療において利用されています。
ピルは卵胞ホルモンの量で副作用というのは大きくなりますし、悪心、乳房が張るといった影響が出るようになります。その副作用を最小限に抑えているもの、それが低用量ピルなのです。
しかし、低用量ピルを使用したことで不正出血のような問題が出ている場合には中用量ピルが利用される場合もあります。どちらも避妊の効果というのは同じなのですが、低用量ピルの場合にはホルモン量が少ないですので、飲み忘れには十分に注意しなければなりません。
また、ピルには卵胞ホルモンだけでなく、黄体ホルモンが含まれるもの、卵胞ホルモンだけが含まれるタイプなどといったように種類が異なります。両方のホルモンの配合量が同じものもありますし、途中で配合量が変化するものもあります。
このようにピルというのはいくつかの種類がありますので、しっかりと理解したうえで服用するようにしなければなりません。