トリキュラーとエストロゲンについて

低用量のピルであるトリキュラーは価格も安く効果が高いので、クリニックなどでも広く扱われています。トリキュラーを実際に服用するときに心配になるのが、エストロゲンが含まれていないかという点です。この成分は濃度の多さによっては血管が詰まる病気である血栓症、乳がんや子宮頸がんの原因になることがあります。

 

トリキュラーにはエストロゲンが含まれているのかというと、残念ながらこれにも別名「卵胞ホルモン」として配合されています。低用量ピルの元々の目的は妊娠避妊薬であり、卵胞ホルモンを含むとその効果が高まるので配合されているのです。含まれているのなら服用はしない方が良いのかと考えますが、トリキュラーに含まれている卵胞ホルモンは避妊効果に必要なギリギリ最低限の量しか含まれていないので問題はないでしょう。他に比べて卵胞ホルモンの配合量が少ない点からも、このピルはクリニックで推奨されています。

 

他の低用量ピルではなく、このトリキュラーを選ぶメリットは卵胞ホルモンの他にもあります。自然なホルモンのサイクルに近づけて生理が来るように作られているので、体への負担が軽減されています。選ぶのでしたら、こちらのピルの方をおすすめします。