トリキュラーでニキビが悪化することがある理由

 

トリキュラーは避妊効果以外に、ニキビを治す薬として使われます。女性は生理前など卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスが崩れる時、男性ホルモンに影響を与えます。男性ホルモンは皮脂を過剰に分泌するので、肌荒れができやすくなります。トリキュラーには2種類の女性ホルモンが含まれているので、本来は女性ホルモンによって皮脂の分泌を適度に保つことができます。しかし飲み始めの頃は急激に女性ホルモンが増えた状態になるため、ホルモンバランスが乱れてニキビが増えることもあります。トリキュラーは飲み始めてすぐに効果が出るわけではなく、半年間は継続することで肌荒れが治ります。トリキュラーは生理が始まった日から飲みます。飲むタイミングは決まっていませんが、飲み忘れを防止するためにも毎日同じ時間に設定します。21日間服用を続けて7日間は休止します。そして服用を再開して21日間飲みます。このサイクルを続けると服用を休止した時に生理が来るようになり、ホルモンバランスを上手くコントロールできます。ニキビを治す専用の薬ではなく、ホルモンバランスを整えて不快な症状を改善するものなので、最初に悪化してもしばらく様子を見ましょう。