トリキュラーと経血量

 

子宮内膜症の治療や月経異常の治療の一つとして、クリニックでは低用量のピルであるトリキュラーの処方をすることがあります。実際に婦人科にかかっている方の中には、トリキュラーの服用をすすめられている人もいるでしょう。このピルは黄体ホルモン・卵胞ホルモンが含まれており、排卵を促すホルモンの抑制作用と子宮内膜に働きかける作用があります。服用することで子宮内膜症の予防・緩和、月経痛の軽減、子宮がんと卵巣がんにかかる確率を下げる効果があります。

 

トリキュラーを服用するにあたって心配なこととしては、経血量への影響がよく言われています。服用することで、毎月の生理の出血量は減るのか増えるのか。服用した方の多くの意見としては、経血量が減ったという方が多いです。低用量ピルはホルモンに働きかける作用を持つので、ホルモンバランスの影響を受けやすい生理にも効果が出ます。過多月経で悩んでいた人だと、服用することで普通の人と同程度の出血量に抑えることもできます。ただ、体が慣れるまでに数か月かかるので、その間は経血量が増えることがあるようです。体が慣れれば出血量も安定するので、生理の出血量が多く困っている方には試してみる価値があります。