トリキュラーの効果と使い方

 

トリキュラーは高い避妊効果と子宮の治療にも使われる低用量ピルの1つです。その種類は21錠タイプと28錠タイプに分かれますが、どちらも薬の成分が含まれているのは21錠で、7日間の休薬期間に薬の成分が配合されていない偽の薬を服用するか、薬を服用しないかで21錠タイプか28錠タイプに分かれます。連続して服用していないと、トリキュラーの服用を忘れてしまいそうなら28錠タイプがお勧めです。
トリキュラーの効果的な使い方として、服用する時間を毎日同じ時間にする、シートの順番を守ることが挙げられます。仮に服用する時間がずれても、定められた時間内に服用することで避妊の効果を保つとされていますが、念のためにコンドームなどの避妊用具を使用することで、更に安心することが出来ます。またシートの順番を守らず、適当に服用するとトリキュラーの効果を得ることが出来ないので順番は間違えない様にしましょう。
低用量ピルは正しく使用することで、その効果を得ることが出来るとされています。また服用の方法を変えると生理の開始日を変更することも出来るので、海外旅行や結婚式など、生理をずらしたいと考えるイベントがあるなら医療機関で相談し、生理をずらすための服用方法を教えてもらいましょう。