トリキュラー


トリキュラーの正しい飲み方

低用量ピルの中で使用者が多い製品の一つであるトリキュラーには、1シートが21錠のタイプと、28錠のタイプの2種類があります。これらは飲み方に若干の違いはあるものの、28日を1周期として使用していくのは一緒です。

 

トリキュラーの錠剤はどちらのタイプも赤褐色、白色、黄褐色の3種類の錠剤があり、28錠のタイプにはこれらに加えてサイズが大きい白色の錠剤もあります。避妊を行う際は、まず赤褐色の錠剤を6日間服用し、全て無くなってから白色の錠剤を5日間服用し、その次に黄褐色の錠剤を10日間服用します。

 

黄褐色の錠剤をすべて飲み終えた後は、21錠タイプを手にしたのであれば翌日から7日間は薬を飲まずに過ごし、28錠タイプを手にしたのであれば残っているサイズが大きめの白色錠剤を7日間服用します。4種類の錠剤はレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールの含有量が異なっており、正しい順番で服用しないと十分に避妊効果を得ることができません。

 

ただし、28錠タイプにおいて最後の7日間に服用する白色の錠剤は、薬の飲み忘れに対する不安がある人のために用意されている偽薬で、レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールは一切含まれていません。そのため、偽薬の服用期間中に薬を飲み忘れても避妊効果に影響はありません。

トリキュラーの持つ効果

トリキュラーの主な効果というのは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンとの働きが避妊効果を促進します。一般的に、トリキュラーは日本人にも非常に多く使用されているのですが、正しい服用方法によって、さらに高い確率で避妊効果を高めることができるのです。

 

トリキュラーは、卵胞ホルモンが脳下垂体に対して働きかけて、排卵を起こさせないようにします。子宮内膜を分厚くしないようにすれば、受精卵を着床させにくくすることができますし、子宮頚管の粘膜を変化させ、精子を子宮に入りにくくすることができるのです。

 

また、生理周期をコントロールするというのも重要です。身体に影響を与えないようにホルモンバランスを変化させることができますし、トリキュラーの効果というのは避妊だけに限ったことではなく生理周期をコントロールすることができる、という点で大きなメリットがあるといえます。

 

生理がいつ来るのかわからない、という場合にもトリキュラーを服用することで生理周期を整えることが可能なのです。更に、トリキュラーは生理痛を軽減したり、出血量によって起こる貧血を解消するなど様々な点で役立つ薬剤なんですよ。

 

トリキュラーの用法、容量をしっかりと守っていれば、トリキュラーの効果をしっかりと高めることができるはずです。

トリキュラー02

トリキュラーを使用の際の注意点

トリキュラーは、第三世代の3相性ピルです。3相性ピルは、ホルモンの量が3段階に変化させて、自然のホルモン環境に近づけています。そのため、トリキュラーの錠剤は赤褐色6錠、白色5錠、淡黄褐色10錠に分かれており、28錠タイプのトリキュラー28では、さらにプラセボ錠として大きな白色7錠も入っています。

 

シートには、数字が記載されていますので、順番通りに服用するよう注意が必要です。月経の初日から毎日飲み始め、トリキュラー21は21日間飲み続けたら、7日間薬を休んでから次のシートを開始します。トリキュラー28は、1シート飲み終えたら、休まずに続けて次のシートに移ります。また、他の低用量ピルと同様、1日1錠ずつ同じ時間に飲むようにします。

 

これは、体内のホルモン濃度を一定にするためで、アラームをセットするなどして、飲み忘れないように注意します。万が一、飲み忘れた場合には、24時間以内なら気づいた時点で服用し、その日の分も飲みます。

 

飲み忘れが2日続いた場合には、避妊効果がなくなりますので、一旦服用を中止します。月経開始を待って、開始初日から、新しいシートの1錠目から飲み始めます。ただし、プラセボ錠は成分が含まれていないため、飲み忘れても問題ありません。該当の錠剤は廃棄して、次の錠剤から服用します。

生理前のイライラにトリキュラー

生理前のイライラというのはやはり男性もびっくりしてしまうものです。
生理前のイライラによって体調はもちろん気持ちも低下してしまうものですよね。生理前についイライラしてしまって八つ当たりをしてしまう、という人も多いと思います気を許している相手だからこそついイライラしてしまうのではないでしょうか。

 

ただ、男性にとっては気分がコロコロ変化する女性を理解することができない、という人も多いようです。普段とは異なる恋人の姿にショックを受けて、そのまま別れてしまうこともあるでしょう。

 

そのような悲しいことが起こらないようにするためにも、イライラを緩和する方法について考えてみましょう。イライラを緩和するには普段からしっかりと努力することが必要不可欠なのです。このストレスを普段からしっかりと溜め込まないようにしなければなりません。イライラを抑えることができるように普段からストレスを溜め込まないようにしてください。

 

運動をしたり、友人と話しをするなどして自分の好きなことを楽しめる時間を確保するということが重要なのです。自分に適したストレスの発散方法をしっかりと見つけるようにしましょう。不安になった時や不安になりそうな時には、1人で抱え込むのではなく誰かに必ず相談をするようにしてください。

 

誰かに話をすることで不安や心配というのはかなり軽くなっていきます。自分の体のリズムについてしっかりと把握することが重要です。それと同時にトリキュラーを服用することで生理前のイライラも改善できるはずです。

トリキュラー03

トリキュラーの詳細はこちら